メンズ脱毛

男性のVIO脱毛は需要あり?VIOするかしないか迷っている人必見!

男性の体毛というのは、男性らしさというものをアピールするためのアイテムであるとも言えます。

胸毛

例えば欧米人に多い胸毛も、男らしさ・強さ・タフさの象徴として、男性でさえ憧れるというほどの関心を集めてきました。しかしこれは必ずしも普遍的な意見とばかりは言えません。女性でもあるまいし、男性が体毛を脱毛するなどというのは行き過ぎであるというのはもはや、古い考え方なのかも知れません。

なぜでしょうか。

例えば男性アスリートでも、例えば競泳などのように肌の露出度が高いコスチュームの選手の表皮が、脱毛の手入れを行ってツルツルスベスベになっていることにお気づきでしょうか。

またマッチョの典型の要に思われるボクシングやキックボクシング、あるいはプロレスのような競技でも、体毛があらわになっている選手はむしろ少数派になっています。

鍛え上げられた男性の肉体は、男性の目からも女性の目からも美しく見えるものです。そしてそうした審美の対象となる時に、体毛をむだ毛として排除しようとするのは、時代や価値観が変わってくれば当然と言える試みなのです。

さらに古くからは、ボディビルダーらはもうずっと長いことビキニワックスを使ってショーツからはみ出すアンダーヘアまで処理していました。

アンダーヘアの処理といえば、VIO脱毛が女性の間で人気を集めています。Vラインのように見た目が美しくなるエリアだけではなく、IラインやOラインは、実用的なメリットも沢山あります。

それならばなぜ男性はVIO脱毛をしようとしないのか、ということを考えれば、むしろそれに反対する理由を探すのは困難になるでしょう。つまり男性でも、興味がある人、そこに意味を見出す人であれば積極的に行えばよいのです。

この稿では以下、「VIO脱毛とは?」「VIO脱毛に興味を持つ男性が増えてきている」「女性からみて男性のVIO脱毛はどうなの?」「VIO脱毛を体験した人の感想」という検討を経て、最終的には「VIO脱毛を迷っている人は試してみて!」という流れで論を進めていくことにします。

VIO脱毛とは?

それではVIO脱毛とはどのような脱毛なのでしょうか。

これは欧米のファッションモデルやいわゆるセレブと呼ばれる海外の女性が始めた、アンダーヘアの脱毛処理のことです。ハイジニーナ脱毛(「ハイジニーナ」とは「ハイジーン(清潔な)に由来する語)と呼ばれることもあります。

VIOのVとは、女性の身体を正面から見て、下着・ビキニからはみ出す部位のヘアのことです。Iとは女性外性器の両側、そしてOとは肛門の周囲を指します。

アンダーヘアは連続的にこれらのエリアに渡って生えているものですが、便宜上この三つの部位に分けて扱われるようになっています。

良Vラインを処理するメリットは、下着や水着からのヘアのはみ出しを無くすことです。そのため小さな下着・水着をオシャレとして大胆に楽しむことができるようになります。

Vラインの外側から内側に向かってヘアが生えている範囲を狭めるように処理していくのが普通で、その際どのようにVラインを残すかというデザインにも趣向が凝らされています。

そのデザインとは、卵型・長方形・逆三角形・丸形・ハート型、あるいは完全な無毛ということになりますが、バリエーションはさらに増えていくことでしょう。

またIラインを処理すれば、夏場の汗・生理中の経血・オリモノ・尿の残りなどによるムレ・においの発生などの不快感を最小限に抑えることができます。要するにヘアへの異物の付着をなくすることができる訳ですから、清潔かつ快適な状態を保つことができる訳です。

Oラインの処理は、トイレの後の便の汚れやにおいがヘアにつかなくなるので、においや汚れが下着に付着したりにおいの発生を抑えることができます。

これらの脱毛処理は、エステティックサロン・医療系美容クリニック・ワックスサロン・自己処理などの方法で行われていますが、今日的意味でVIO脱毛といえば、エステティックサロンや医療系美容クリニックによる、光方式やレーザー方式によって行われる施術を指します。

この分野は近年広告戦略やイメージ戦略によるマーケティング、あるいはユーザーの好意的な口コミなどに支えられて、美容業界では近年大きなヒットとなるメニューとなっています。

VIO脱毛に興味を持つ男性が増えてきている

女性にとってメリットの大きなこの脱毛メニューは、展開次第では男性へのメニューとしても想定されています。保守的な男性の間ではまだまだ浸透する可能性は低いのですが、アスリートら身体を露出する機会が多い男性の間では既に利用が始まっているのは前述の通りです。

また女性がこのサービスを利用する目的が美意識と利便性であるということからしたら、男性が同じサービスをうけない理由はありません。欧米では男性の間でもアンダーヘアの手入れをするというのは当たり前になってきています。

一般的には、男性の方が女性よりこのデリケートゾーンのヘアは濃いのが普通です。しかも広範囲かつ高密度に剛毛が生えていることもあるでしょう。そのせいで汗で蒸れたりトイレの後で汚れやにおいが残ったりするのを嫌がるのは当然です。

つまり女性とほぼ同じ理由でVIO脱毛を受け入れる余地があるはずだ、ということが言えます。また海水浴ではヘアのはみ出しを気にするのはこれも全く女性と同じ心理的背景があることが分かります。

審美的要素もあるでしょう。例えばボディビルダーが古くからビキニワックスを用いて、あの小さなショーツからはみ出すヘアを自分で脱毛していたのは、やはり美しく鍛え上げられた筋肉の鎧をプレゼンテーションするにあたり、ヘアのはみ出しなどはその美しさを大きく減点させてしまう要因になると考えたからに他なりません。

つまり男性でもアンダーヘアを美しくないものと考えるのは、決して新しい時代になってからのことではないと言えるでしょう。

そして男性にとって親密な関係にある女性が、きちんとアンダーヘアの処理を行っていれば、それを美しいものと感じるはずです。そう考えれば男性自身もヘアの処理を考えるという余地が生まれます。

またセクシャリティの面から考えると、男女ともヘアが無い方が性行為の際に感度が良くなるというメリットも挙げられます。また男性がヘアを処理することによって、男性気が大きく見えるというメリットを挙げる人もいます。

女性からみて男性のVIO脱毛はどうなの?

メさて男性がVIO脱毛を行おうと考えた場合、気になるのは人の目であると言うことでしょう。欧米ではスパなどでアンダーヘア脱毛をした男性を見かけるのはもう珍しくないのですが、日本の銭湯や温泉などの文化では、やはり奇異なものとして映ることでしょう。

したがって保守的な考え方をもつ人であれば、やはりアンダーヘアの脱毛など考えられないという人もまだまだ多いはずです。

女性から見た場合はどうでしょうか。この場合は意見が分かれることでしょう。女性であれ男性であれ美意識が発達しているのは良いことだとして、男性のアンダーヘア処理を歓迎する女性も多いはずです。

しかし反対に、女性にとって交際相手の男性が、当の女性以上に美容脱毛然としたアンダーヘアの形状をなしていた場合、いわゆる「引いてしまう」という感情が生まれることもあるかもしれません。

男性が、自分自身の審美眼に自信を持って、自分自身でアンダーヘアの処理を行うというのはポリシーが感じられるものです。銭湯や温泉でも全く恥ずかしさを感じないというのであれば堂に入ったものです。

とはいえパートナーが「引いてしまう」事があるかも知れないのであれば、一度パートナーに相談してみるというのが良いでしょう。

あるいはそうしないまでも、まずは下着などからのはみだしを無くす、ヘアが生えている範囲を狭める、という程度に抑え気味に行ってみるのが良好かもしれません。

二人だけの親密な関係性を最重要視するのであれば、男性も女性も完全に脱毛してしまうという手段もあります。性行為の際の密着度の向上や感度の向上など、美意識だけではなくセクシャリティの面からも大きなメリットがあります。

この場合は身体面だけではなく心理的にも好ましいメリットを感じるカップルもいるはずです。

以上の背景から、ヘアを整えるということを考えた場合、自己処理だけでは女性同様同じことの繰り返しが必要になりますので、男性用の脱毛サービスを受けるという選択肢が浮上してくるはずです。せっかく脱毛処理を行うのであれば、自分で剃ってもすぐその後に伸び始めてチクチクと感じられるのはいかにも興ざめというものです。

VIO脱毛を体験した人の感想

VIO脱毛を実際に体験した男性はそのあたりをどう考えているでしょうか。
アスリート・格闘技選手・ボディビルダーはもう当然のように脱毛処理をすませています。それによって見栄えの良さ、美しさを表現できるからです。

一般の人はどうでしょうか。女性の場合は、脱毛メニュー完了後の快適さを喜んで、各種口コミサイトなどの書込みは非常に好意的なものになっています。

これはやはり、繰り返し行わなければならない面倒な自己処理から解放された喜び、そして快適さや清潔さが実現したことの喜び、そしてVラインのデザインの美しさを実感している、さらにIラインとOラインがツルツルの状態になって気持が良い、という気分が現れています。

男性の場合も基本的に同じことが言えます。アンダーヘアの処理をすると決めたのならば、繰り返し発生する手間をなくして美容メニューとして行ってしまえばきれいな状態を長く保つことができます。そして同様に快適さや清潔さを手に入れて気分が良いという感想を持つものです。

男性の場合は体毛をそのままにしておいても、だらしがないとか汚く見えるということはあまり言われません。しかしそれをあえて脱毛処理を行なうことで、新たに美意識を持つということが、自分自身の新たな自信に繋がるという意見もあります。

さらにパートナーと同じレベルで美意識を共有できるようになったという喜びを語る人もいます。その場合は親密度合いが以前より一層高まったことを喜んでいるはずです。

今日では若い人と中年以上の人との間に意識のギャップというものが生まれていることが多方面において多く感じられます。アンダーヘアの処理も同様でしょう。

しかし欧米では既に女性だけではなく男性の間にも広く普及していることを考えると、いずれ時代がすすむに連れて男性の脱毛処理も当然の事と言われる日が来るはずです。

状況次第ではいずれ、介護を受けるようになることを想定して脱毛処理をしておかなければと考える男性も現れるかもしれません。なにしろ仮性包茎を恥じて包茎手術を受ける中高年が出始めているほどなのですから。

VIO脱毛を迷っている人は試してみて!

VIO脱毛を行ってみようか、あるいはどうしようかを迷っている、という男性はまずどうしたら良いのでしょうか。インターネットなどで検索してみても、女性の場合と異なり、施術を行ってくれる施設が圧倒的に少ないものです。

これでは納得できる説明を得るための情報が足りません。また首都圏であればまだしも、地方では脱毛を行う機会が極端に狭まることも事実です。

そんな時に一番客観的かつ妥当な判断を下してもらえ、うまくいけば情報すらもたらしてくれるのが、親しい女性です。交際している女性がいるのなら、真っ先に相談してみることです。

女性にとってみればパートナーの美意識が発達するのは基本的に喜ばしいことですから、脱毛を行う是非の議論から、どのようなレベルで脱毛するのか、どの業者を選んで施術を受けるのかという有用な意見を得ることができるでしょう。

また施術を受けると言っても、2〜3ヶ月に1度、回数を重ねて脱毛を仕上げていくことになりますから、お住まいの地域に業者がなくても、多少遠いところにまで通ったとしてもそれほどの負担にはならないのではないでしょうか。

VIO脱毛に興味を持った、という段階であれば、あえて業者を訪ねてみるのが良いと思われます。大抵のところでは無料でカウンセリングを行っていますので、不安に思っていることや疑問に思っていることなどに対してはプロの見解を詳しく聞くことができます。

肌の弱いタイプの男性であれば、男性顧客にも対応する医療系美容クリニックに相談すればなお良いでしょう。美容を売りにしているとはいえ病院ですから、皮膚科の医師を訪ねて意見を聞くのと同義です。

なお現状では、施術回数は何回必要かという知見は、男性向けサービスの場合女性のそれよりさらに少ないのが普通です。女性の場合でもヘアの濃さの個人差から、メニュー完了まで何回施術を重ねるかは最初の段階では判断は不可能です。

男性のヘアはさらに濃いのが普通であることから、その判断はやはり難しいと言えるでしょう。

いずれにしても長いお付き合いになりますので、良い業者さんを選ぶのにまずはカウンセリングを受けてみるという方法が、迷っている人にとっては正解に辿り着く早道になるでしょう。