メンズ脱毛

モテ男子はケツ毛処理もバッチリ!けつ毛処理が必要な理由と処理方法

たいていの動物は体中を毛でびっしりと覆われています。それは寒さや外部からの刺激から守るため。人間の場合は暖房器具もありますし衣服を調整することで十分寒さをしのぐことはできるでしょう。刺激からも守ることができます。

そういった中で体中を覆っていた毛は少しずつ少なくなっていきました。今や生えているのは大切な部分・弱い部分を守るための毛のみです。たとえば脳みそを守るための髪の毛・デリケートゾーンを守るための毛、などです。

ところでけつ毛というのをご存知でしょうか。その名の通りお尻に生えている毛。これは肛門という大切な部分を守るための毛です。直立歩行で歩く人間は立ち上がるとき、歩くとき必ず左右のお尻がこすれあいます。それにより摩擦を起こし傷つくのを緩和させてくれるのです。

衣類を身につけることによって寒さからは身を守れるようになりましたが、その一方で暑い時期には熱がこもりやすく湿気でばい菌が繁殖しやすくなるというデメリットが生まれています。

お尻も例外ではありません。必ずパンツやズボンで覆われ締め付けられているため常に左右のお尻が密着した状態、それによって大切な肛門付近が蒸れてばい菌が繁殖するのをけつ毛は防いでくれ清潔な状態を保つのに一役買っているというのです。

どの毛も大切な役割を果たすものながらも、いまどきはできれば毛むくじゃらよりも毛が少ない人の方がモテる時代。脇や陰部などの脱毛もはやっています。けつ毛だってボウボウだとモテません。

女性だけでなく男性も、モテるためにはケツ毛を処理する必要があるのです。生えている方がメリットが多いようにみえて、実はボウボウだとデメリットもいっぱいなのです。

それではけつ毛を無くすとしてもどのような処理方法があるのでしょうか。けつ毛に対する世の中の評価とはどういったものなのでしょう。実はけつ毛コンプレックスを持っているなんて方もいれば、まったく考えたことがなかったという方も、けつ毛についてちょっと掘り下げてみませんか。

自分で見えない場所だから怖い

メンズの場合、脱毛サロンで最も利用率の高いのはお顔のひげ。美容のためというだけでなく、大人になると必ず付きまとう毎朝のヒゲの処理に嫌気が差して脱毛サロンを訪れるという方も少なくはありません。

もちろんひげのせいで濃い顔になっているのを少しでもあっさりしたいまどき顔に変えたいという方も多いです。毎日のように鏡で見る部分だからこそ、関心も高いのです。

一方、あなたのけつ毛が濃いか薄いか気にしたことはありますか。いつも見える場所にあるのであれば気を使うというもの。自分では見えない場所であり、他人からはばっちり見える場所だからこそ怖いのです。自分では気にしていないけれど他人から見たら不快感を与えているケースは多いです。

普段はパンツとズボンで隠していますが温泉に行ったときに、プールで着替える際に、あるいは彼女といい関係になっていざ性行為をという場面で見られてしまいます。そんなときに引かれることがないよう気にかけてみてください。

自分で見えない場所だからこそ、処理をする際にも怖さや困難が伴います。顔であればしっかり見ながら髭剃りをすることができるので剃り残しなんてありません。よっぽど急いでいるときはまだ生えたての不慣れなときでなければ剃っていて怪我をしてしまうなんてこともほぼないでしょう。

一方、けつ毛の場合には自己処理といっても全身が写るような大きな鏡を見ながら。実際とは反転した状態で写されるため勝手が違ってきます。それに、大鏡だと細かな部分まではきちんとチェックできないことも。剃りのこしや剃りムラができることだってあります。

たとえそうなっていても自分では気がつきません。そして、見た相手の方は自己処理したのだなということが丸分かりになっちゃいます。すなわち、とっても恥ずかしいことになるのです。

自分で見えない場所だからこそ怖い、というのはそういうことです。おすすめはエステサロンでプロにやってもらうことです。自己処理を考えているのであればやり方に注意しましょう。

男性のけつ毛が濃い人は女性にびっくりされてしまう!

メンズとしては特に気になるのは女子たちからの評価です。実は、ネット上でのアンケートでこのようなアンケート結果というのが出ています。「けつ毛が生えている男性はどうかという質問に、58パーセントの女性が「生理的に嫌だ」と答えているのです。

どんなにかっこよくても運動神経抜群でも、おしゃれで身だしなみに気を使っているという方であっても、けつ毛がボウボウであればそれだけで一気に評価が下がってしまうのです。

なんとか頑張って性行為の直前まで持っていけても、けつ毛のせいでお付き合いさえもなかったことにされてしまったら落ち込みも半端ないはずです。素敵な夜を過ごすためにもお尻の穴の周りにまでおしゃれに気を配るようにしてください。

もちろん、美しい女性のお尻にけつ毛が生えていた場合には、その破壊力はすごいです。肛門が大切な器官であることは男性だけでなく女性にとっても同じなのですから、女性のお尻にだってけつ毛は生えてくるものです。女性ももちろんお尻周りにも気を使うようにしましょう。

ちなみに、同じくアンケートにより、女性にどのくらいの毛の量であれば大丈夫かを聞いたところ、もちろんボウボウに生えているのはNGなものの、うっすら生えている程度であってもいやだという方が大多数という結果になりました。

もちろん、「好きな男性であればけつ毛なんて特に気にならない」という女性もいますが、ほとんどの方はツルツルお尻を望んでいるのです。

あなたの好きな相手がどのタイプに属するかは分からない以上、どうせ処理するのであれば思い切ってツルツルになる方法をとるべきです。男性の場合、VラインやIラインはそのままでもいいのですが、Oラインはもてるためにもぜひ処理してください。

ボウボウがいやだという理由の中には見た目の悪さ以上に衛生面を気にする意見というのも多いです。女子にモテる清潔メンズというのはけつ毛がなくてお尻周りまで清潔でないといけないのです。けつ毛があることによるデメリットも見ていきましょう。

衛生的にも良くありません

今やヒゲの濃い男度の高い男性よりも中性的なくらいの方の方がモテる時代。顔だけでなくお尻にも毛がボウボウなのは見た目的に気持ち悪いとおもう女性は多いです。それだけでなく衛生的にも良くはありません。

確かに毛があることで下着とお尻との間に隙間ができて衛生的なように思われますが、意外と毛がない方が清潔さを保てたりします。なぜならボウボウの毛はどうしても排泄物がからみがちです。

たとえウォッシュレットでキレイに流したとしてもなかなかその程度の水圧ではなかなかからんでしまったものまで取り除くことはできません。

ましてや海外ではウォッシュレットが付いたトイレなんてほとんどありません。世界を股にかけて活躍するような素敵なビジネスマンは女子たちに持てる要素が強いでしょうが、日本でいるビジネスマンよりもずっと不衛生だったりもするのです。

だからといってティッシュで毎回ゴシゴシと擦っていては、お尻や下着からの摩擦や刺激を避けるために生えているけつ毛が原因で更に刺激を生み出すことに。お尻の穴を傷めてしまい、何らかの病気を発症しないとも限りません。

それに、たとえごしごし擦ったとしても、それでも汚れはなかなか落ちにくいもの。トイレットペーパーの使いすぎは環境にもよくありませんし、パイプが狭く水道事情の悪い海外だと詰まらせてしまってトイレの修理をしょっちゅうしなければならなくなるかもしれません。まったくかっこいいとはいえませんね。

たとえキレイに落ちきらなくても、いつかはその状態でパンツをはかざるを得なくなります。そうすると、下着の中でどんどん菌が繁殖していってしまうのです。たとえかっこいい男性であっても、お尻の付近に顔が近づいたときにうんち臭かったら台無しです。

素敵な夜になるどころではありません。それよりは毛を無くしてしまって、トイレットペーパーで、あるいはウォッシュレットを利用してさっときれいにできる、そもそも排泄物も付きにくいツルツルのお尻の方がずっと衛生的なのです。

けつ毛の脱毛方法

けつ毛の処理方法としては

  • 「剃る」
  • 「抜く」
  • 「除毛クリームを使う」

などの方法があります。

こできるだけお金をかけず、自宅にある道具を使って処理したいというならカミソリを使って剃る・あるいは毛抜きで一本一本抜く・ガムテープで一気に抜く、などの方法でしょうか。

とはいえけつ毛の弱点は自分では見えにくいこと。剃り残しやムラはできそうです。それにデリケートで複雑な構造の肛門周り。

傷つけてしまっては大変ですし、お肌への刺激が激しすぎます。傷つけない限りは痛みが少なそうなカミソリでの処理も数日すると新しい毛が生えてくるためチクチク感が半端ないです。特に手軽に見えるカミソリの処理は最も処理方法としておすすめできない方法です。

やめておいてください。広範囲を一気に抜くことができて効果ありそうなガムテープですが、その程度の粘着力では処理は不可能です。すね毛などよりもずっとけつ毛の毛根は強いのです。

とにかく痛みはマックス。それでいて脱毛効果はまったくないため単なるバツゲームです。

1本1本抜いていく毛抜きは確かに確実でしょう。とはいえ人により濃さは異なるものの1本や2本の毛しかないわけではないのです。ぼうぼうだった毛がすっきりツルツルになるまでには途方もない時間がかかります。

それでいて痛みも強烈です。ガムテープで取るような激しい痛みが永遠に続いていくのです。それでもあなたはやりますか。

ちなみに除毛クリームはお肌への刺激が強いため、特にお肌が弱い方はやめておいた方が無難です。自宅にあるもので手軽にけつ毛を処理しようというのは無謀なことです。

とにかくお金をかけても良いと言うのであればおすすめはやはり脱毛サロンでの永久脱毛。昔に比べるとかなりお手軽になっているとはいえ、やはり安いとはいえません。それで一生悩まなくてすむとは言っても高いものは高いです。

それにサロンで処理ともなると、どうしてもお尻を見られるという恥ずかしさも伴います。もちろん相手はプロで見慣れているとはいえ、やはり嫌なものはいやでしょう。

それでは最もおすすめのけつ毛の脱毛処理方法としてはどういったものがあるのでしょうか。

けつ毛処理はどの方法がおすすめ?

少しでもお金をかけたくない、誰かにお尻を見られたくはない、即効性があってつるつるが手に入って、そのつるつる状態ができるだけ長く続く、そんな夢のような方法、それがブラジリアンワックスです。

こやり方は簡単です。

付属の木のへらなどを使って気になる部分に薄くワックスを塗り、ペーパーを貼ってください。あとはそれを一気にはがすだけ。ガムテープと同じようなものですが、その粘着力の強さはガムテープ以上。しっかりとムダ毛をキャッチし、一気に取り除いてくれます。

広範囲をあっというまにツルツルにできるのです。毛根を根元からひっぺがしてくれるため、永久脱毛とはいきませんがある程度の期間ツルツルのままでいられます。皮膚にとって刺激がないとは言えないものの、カミソリほど頻繁に使用されることはないため、その期間は皮膚を休ませることができるのです。

デメリットとしてはとにかく痛みが強烈であるということです。毛抜きを使うにしろ、ガムテープを使うにしろ生えている毛を抜く以上は痛いのは我慢するしかないのです。

とはいえ、毛抜きのように何度も痛みを我慢する必要はなくたった一度だけです。その後、しばらくは使用する必要がありません。それに、ガムテープとちがって痛みを我慢すれば成果が現れます。

ブラジリアンワックスを行う方の場合、痛みを我慢した先にある爽快感、一気に抜けていってツルツルになることに快感を覚える方も少なくはないのです。勇気を振り絞ってやってみてください。

ブラジリアンワックスといってもさまざまな商品がありますが、できれば除毛と共に保湿もできるもの・国産のものを選ぶようにして、できるかぎりお肌に負担がかからないようにしてください。

腕や脇だけでなくデリケートゾーンに使用できる商品を選ぶことも大切です。肛門もまた大変デリケートなもの。処理をしてつるつるになったのはよいが、更なるトラブルを引き起こしてしまっていては困ります。

安心安全に気を配りながら、お尻周りまで素敵なメンズを目指して頑張ってみてください。