メンズ脱毛

トイレ先進国の日本だから陰毛脱毛が流行った?男性の陰毛脱毛の全て!

p2

脱毛というのは女性のするもの、男性はムダ毛をそのままにしておくのが理想的、という時代はとっくの昔に終わってしまいました。今では男性も脱毛をする人がどんどんと増えていますし、女性もムダ毛の濃い人よりも少ない人のほうを好む傾向にあります。

同性同士でもその意識は強まっており、トレーニングジムやプール、スーパー銭湯といった共用で利用する場所ではムダ毛の処理をして利用するのが当然のマナーという風潮も強いです。

このような意識の芽生えとともに流行を見せているのが陰毛脱毛です。昔は考えられなかったものですが、欧米の影響もあり日本でもデリケートゾーンの脱毛をするという人が増えています。

欧米ではデリケートゾーンの脱毛をするのは当然のマナーやエチケットとなっており、していない状態で公共の場所を裸で利用するとクレームを受けるということもあるほどです。

日本人がこのような脱毛をするという発想を持つようになった背景として美意識の高まりがあります。昔はワイルドにヒゲをたくわえた男性や胸毛の生えている男性にかっこよさを感じる人も多くいました。

しかし、今では不衛生な印象を持たれたり体臭が出てくる原因と思われたりすることが多く、ムダ毛があることがあまり良い印象とならないのです。

日常的に肌のケアを気遣っている人もおり、きれいな肌を作るためにはムダ毛が邪魔という点でも脱毛をする人が増えています。

デリケートゾーンについても同様で、ムダ毛のあるお尻や陰部というのはどうしても下着の中で蒸れやすいですし匂いが出てくる要因ともなってしまいます。加齢臭をはじめ、最近では匂いを気にする人はとても多いです。

匂いの原因となるものを排除したいという観点からもデリケートゾーンの脱毛は増えています。もちろん清潔を維持するための方法として脱毛をするという人も多いです。デリケートゾーンが蒸れてしまったり肌がムダ毛とこすれて炎症を起こしたりといったことを防ぐことにデリケートゾーンの脱毛は効果的です。

男性の陰毛脱毛が流行りだした理由はなんと!

男性が脱毛するときに最もニーズが高いのはヒゲの脱毛です。やはりムダ毛の中でも最も目立つ場所にあるものですし、ヒゲが濃いと処理が大変ですから希望者がとても多いのです。

次に人気なのは実は陰毛脱毛であり、これに驚く人はとても多くいます。陰毛脱毛が流行した背景として、外国の影響があります。欧米を中心として、男性のデリケートゾーンの脱毛がマナーやエチケットとして定着している国はとても多いです。

これはムダ毛が濃い人種の人はムダ毛が目立つこと、サウナや大浴女を利用するときに周囲の人に不快な思いをさせること、といったことと合わせて衛生面での影響が大きいです。

外国はウォシュレットがない国が多いですし、男性が肥満で悩んでいる人も多いです。そうすると便が出たときの処理が難しくきちんと拭き取れないという男性が少なくありません。

きちんと拭き取れない理由として

  • 手が届かないこと
  • ウォシュレットで洗い流せないこと
  • ムダ毛が邪魔をする

ということがあるのです。

ムダ毛があることで便が付着してしまうことがあり、そうすると下着が汚れたり、匂いの原因となったりするのです。

日本人が外国旅行をすることがとても増えていますし、海外赴任をしたり中長期的に海外に住むということも増えています。そうすると、その国の生活になじむためにその国の文化に従う必要が出てきます。

ここで、欧米諸国やアメリカといった国では男性がデリケートゾーンの脱毛をしているとなれば、それに従って陰毛脱毛をする必要が出てきてしまうのです。陰毛脱毛というのは自分で処理するのがとても難しい場所です。

注お尻は目に見えない部分にカミソリや脱毛器を向ける必要がでてくるのでとても不安があります。陰部についてもカミソリをあてるには皮膚が薄いですし大事な部分ですからとても怖いものです。そこで、素人では処理が難しいということでプロに依頼をするという人が増えているのです。

自分では処理ができないような部分でもプロの手にかかればきれいに処理を進めてもらうことができます。仕上がりもカミソリでの処理と違ってきれいにしあげてもらえますし生えてくるムダ毛も細いものでチクチクとしたものではありません。

陰部の脱毛ということで施術中の恥ずかしさや痛みを心配する人もいますが、その点についても昔よりも格段に配慮されるようになっています。全裸で女性に施術されるとなれば恥ずかしいものですが、最近では男性が施術をしてくれたり陰部を最低限の露出で施術ができるように工夫した着衣が用意されているところもあります。

脱毛する機械も少しずつ進化をしており痛みが軽減されるよう措置が取られています。麻酔を使ってくれるところもありますから、痛みへの不安も解消されています。

陰毛脱毛の基礎知識

陰毛脱毛をするとなれば、とてもデリケートな部分への施術となりますから不安も大きくなります。そこで、しっかりと事前に知識を身に着けてどのような方法で脱毛をするのか、そしてどのような場所で脱毛を行うのかということをしっかりと慎重に検討していきましょう。

まず考えるべきこととして脱毛の方法がいくつかあるということです。昔はニードル脱毛といわれる針を毛穴に刺して電流を流して毛母細胞を破壊していくという方法がメジャーな方法としてありました。これはとても痛いものであり、手作業で針を刺すという手間のかかるものでもありました。

そのため相当な痛みと金銭面での負担からごく限られた人のみが行う脱毛方法という考えが強いものです。しかし、一度の脱毛でかなりムダ毛がなくなりますし生えてこなくなり、効果としてはとても高いものでした。

ニードル脱毛ができるのは芸能人やごく一部のセレブという考えはとても強くあり、少しでも大衆化させようとして出てきたのが医療レーザー脱毛と光脱毛です。二つともレーザーを照射して行う脱毛方法なのですが、照射するレーザーの強さが違います。

光脱毛のほうが弱いので、痛みが少なく施術の負担も軽くリーズナブルです。医療レーザー脱毛は照射する光が強いので医療従事者しか施術ができません。そのため安心安全ということ、効果が出やすく持続しやすいという言ことで人気です。

陰毛脱毛というのはほかの部分よりも痛みを感じやすいと言われています。一般的なヒゲや腕といった部分の脱毛は輪ゴムをはじく程度の痛みといわれます。この痛みでも皮膚の柔らかい陰部での脱毛は相当の痛みとなります。

そのため、痛みに弱いという人は麻酔をしたり照射するレーザーの種類を変えたりということで医療レーザー脱毛で脱毛をするという人が多いです。麻酔もいくつか種類がありますから自分に合った麻酔を見つけることができます。

脱毛をしたからといって一度で完璧にムダ毛がなくなるわけではありません。どうしても濃い部分や毛質によっては何度か繰り返していかないとムダ毛が生えてこない状態にはならないのです。そのため、施術を初めて完璧に陰毛脱毛が終了するまで早くても半年、遅くて2年ほどかかります。

陰毛脱毛の痛み

陰毛脱毛をしたいと考えている人はデリケートゾーンのムダ毛が多いこと、肌が荒れやすいこと、かゆみが出やすいことなどいろいろな症状を抱えておりそれを緩和するために脱毛を希望するものです。

しかし、脱毛をしたいと思ってもすぐに踏み切れない理由として痛みへの不安を抱えている人が多いです。

デリケートゾーンというのはほかの部分よりも皮膚が薄いですし、痛みを感じやすい場所です。特に男性にとってはとても大事な部分ですから脱毛を受けて何かダメージを受けたらという心配もあります。

もちろん、トラブルが起きないように脱毛は細心の注意を払って行われるのでその点では安心することができます。しかし、気持ちの準備もありますから不安な点はしっかりと解決して脱毛に臨みましょう。

痛みについては人によって感じ方が違います。そのため陰毛脱毛であってもあまり痛くなかったという人もいますし、痛くて泣き叫んだという人もいます。

個人差があるので他の人が大丈夫といったからと軽い気持ちで受けると痛い目を見るということも少なくありません。男性は女性と違い妊娠や出産を経験しないため痛みへの耐性も弱いと言われています。

そのような点からも脱毛をするにあたって痛みへの不安を感じやすいです。痛みについてはカウンセリングでしっかりと確認しておきましょう。

初回は多くの人が痛いと言います。これは慣れていない施術であることともう一つ、緊張感からくる痛みだと言われています。無意識のうちに力が入っていたり、緊張して過敏になっていたりするために痛みを感じやすいのです。

そのため、初回は痛かったけれども二回目以降は痛くなかったということをいう人もいます。リラックスをするだけでも痛みは大きく変わってきますから、できるだけ緊張せず施術に臨むことも重要です。

もちろん施術中に痛いと感じたら途中で止めてもらうことができます。レーザーの強さを変えたり麻酔をしたりと対応もできます。我慢しなければならないと思っている人も多いですがそのようなことはありません。

陰毛脱毛は白髪になる前にやっておくべき!

最近ではシニア層の人たちでも脱毛をする人が増えていますが、脱毛は早いうちにした方が良いと言われています。若いうちのほうが外出する機会が多かったり、肌の露出をすることが多いこと、元気ですから施術に通いやすいことなどといったことが考えられますが、実はそれ以外にもとても重要な理由があります。

人間は年を取るにつれてどんどんと老化をしていきます。老化をすることで起こるものとして白髪があり、これは髪の毛だけでなくムダ毛でも起こることです。このムダ毛が白髪になると脱毛がしにくくなったり施術が痛くなったりするのです。

レーザー脱毛というのはレーザーが黒いものに反応して毛根を破壊していきます。そのため、ムダ毛が濃い人や太い人は成果が出やすいと言われています。ここで問題となるのがムダ毛の色素が薄い白髪です。

白髪は色が白いためにレーザーに反応しなくなってしまいます。そのため強い光を当ててもあまり反応がなく脱毛効果が得られないのです。

このような状態にあっても陰毛脱毛をしたいとなれば、ニードル脱毛をするしかありません。ニードル脱毛であれば毛根に針を直接刺して脱毛をしますから白髪でも脱毛をすることができます。

しかし、かなり費用も掛かりますし痛みも大きいです。手間もかかり施術が終わるまでかなりの時間も要します。

そこで、できるならば白髪のない陰毛が黒いうちに脱毛をしておくほうが望ましいと言えます。

男性はいつまでも若くありたいと思うものですし、女性にもモテたいと思うものです。デリケートゾーンのムダ毛があるのは女性にあまり好まれませんし、セックスレスやスキンシップ不足の原因になるとも言われています。

そのためシニアの人たちの陰毛脱毛も増えていますが、脱毛をするならばできるだけ早いうちに取り掛かるようにしましょう。

陰毛脱毛の期間と費用

脱毛はとてもお金がかかるし期間もかかると思われています。生えている元気なムダ毛をなくすためどうしても時間はかかるものです。しかし、脱毛の種類やしたい場所によっても違ってきます。

陰毛脱毛の場合は仕上がりにも違いがあります。すべて脱毛するという人もいれば、部分的に脱毛する人もいますし、全体的に間引く形で薄くするという人もいます。このような違いがあるために、仕上がりによっても回数は違うのです。

どのような脱毛方法をとったとしても、完璧につるつるに仕上げるには1年から2年、場合によっては2年半ほどかかると言われています。半分くらいの薄さにする場合で半年から1年、間引く程度ですと1年かからないことが多いです。

ただし、毛量や濃さ、毛質によっても違うので絶対この期間で終わるとは限りません。何か脱毛を終了する期限が決まっているという場合には、余裕をもって処置を始めることが望ましいです。

費用についても施術する場所や方法で違ってきます。一般的にエステでの光脱毛とクリニックでの医療レーザー脱毛をすることが多いですが、この二つも照射する機械の違い、アフターケアの違いから価格は大きく変わってきます。

クリニックの場合は50万前後、エステは下の場合は15万前後で陰毛脱毛が終了すると言われています。オプションで麻酔を使用したり薬を処方してもらったりすればこの価格も変わってきます。