東京オリンピックの新エンブレムをCheck!デザイナーや選考方法は?

巷でめちゃちゃ議題に上がっている東京オリンピックのエンブレム問題。

佐野研二郎氏がパクリのデザインだった・・・と言われていますが、

新エンブレムはどうなるのでしょうか?

またデザイナーや選考方法はどうなるのか?

気になる東京五輪関係!チェックしていきます!

Sponsored Link

問題の東京オリンピックエンブレムとは?

それこそいろんなサイトでもはや比較検討されている旧エンブレム。

それがこちらですね。

旧東京オリンピックエンブレム画像出典元:http://nyaasokuvip.net/

 

「ベルギーの国立劇場のロゴのパクリだ」

「震災支援のロゴとも似ている」

東京オリンピックエンブレム似てる2

画像出典元:http://buzz-plus.com/
olympic21画像出典元:http://buzz-plus.com/

「ヤン・チヒョルトのデザインにも似ている」

東京オリンピックエンブレム似てる

画像出典元:http://news.tbs.co.jp/

 

といった具合に似たデザインのロゴが多数発見され、

ネット上では大炎上。

そしてベルギーのロゴを作製したデザイナーが訴えを起こす、

デザイナーの佐野研二郎さんの過去の作品にも模倣では?と思われるロゴがあり、アメリカのデザイナーが激怒したり・・・

大きな物議をかもしだしていますね。

 

 

まぁ自分もこの騒動をみて、素人ながらに

『いくら簡単な図と色合いで構成されているといっても似過ぎだよなぁ・・・

と思っちゃうレベルでした。

 

そんなこともあってエンブレムの取り扱いを中止することが本日決定。

被害総額は1億円、なんてまことしやかにいわれていますね。

 

まぁたしかに自分的にももう少し華やかな色合いの物がいいなぁと思っていたので、取り扱い中止は英断だったと思います。

 

新エンブレムはどうなる?!

今回取りやめということで、新エンブレムの選定が行われることにあるでしょう。

となると気になるのが新エンブレム!

 

現在では、非公式でデザインを公開している人も数多くいますが、

とりあえずそちらをチェック!

東京オリンピック新エンブレム候補

出典元:http://www.tmn.jp/

 

佐野研二さんの物に比べると遥かに色合いが明るく、個人的には五輪という世界的なイベントにふさわしいと思います!

 

非公式と入ってもなかなか秀逸な作品も多いですよね!

 

 

ここからは個人的な意見となりますが・・・

まぁ個人的には五輪のエンブレムはシンプルなものがいいですね。

 

誘致のエンブレムには『桜』という日本を象徴する花が使われていますが、

個人的には開催時期が夏なので、桜ではない方がいいのでは?と思っちゃいます

まぁ日本の象徴する物としてはぴったりなのは間違いないとも思うんですけどね。笑

 

そう考えると個人的にはやはり扇形の15番のものが個人的には好きですねー!

シンプルな中にもいろいろと意味が含まれていますし、

一番日本らしさが現れている気がします。

「扇って中国にもあるじゃん」

との声も有るそうですけどね笑

 

でも日本の文化として根付いてもいますし、いい気がしますけどねぇ…

 

 

ただ、17番のものも結構好きです。

多分着物の襟をモチーフにしていると思うのですが、夜明けの太陽にも見えます。

準備などの大変な期間(夜)を超え、輝かしい大会を開催する(あさが来た)

といった感じにもとれますし笑

『朝日』という幻想的な光景はみんな注目を集めるものでもありますし。

なんて妄想してしまうデザインだと思います。

 

ただ・・・新エンブレムがここから選ばれるかは選考次第・・・

では選考方法はどうなるのか?

Sponsored Link

デザイナーや選考方法はどうなる?

佐野研二郎さんのデザインが取りやめになり、再選考が始まりますが、

選考方法やデザイナーはどうなるのでしょうか?

 

ここまでの批判をあびた佐野研二郎さんがふたたびデザイナーとしてデザインする、というのは考えにくいので、

別なデザイナーが選出されるとは思います。

そして「東京五輪のエンブレムが使用できない期間を減らす」ということで、速やかに行うそうです。

 

ではその選考はどうなるのか?

 

まずは佐野研二郎さんの選考のときの方法を見ていきましょう!

佐野研二郎さんの時の選考方法は?

この選考では組織委員会が、応募の対象を指定していたデザインコンテストで複数回の受賞歴のあるデザイナーにしぼって選考を行ったようです。

 

ゆえに新人デザイナーなどのものは応募にあっても選考には含まれなかったと言うことですね。

そして最初の応募数が104件の中から選考を行ったそうです。

北京五輪の時は1万件からだったそうなので、かなり低いですよね・・・

 

 

しかも組織委員会の選考が、実は関係をもっている方で固められていたというのは有名な話。

まぁ若干ひいき目になってしまうのも仕方が無いですよね・・・

東京オリンピック選考画像出典元:http://netgeek.biz

新しい選考はどうなる?

では新しい選考ではどうなるのか?

というと今回この選考基準を緩和し、候補デザインを増やすとのこと。

 

そして審査委員会のメンバーを変えるべきだとは思いますが、

そのあたりはまだ非公開。

 

ですが、このメンバーは変わらないのでは?

と思っちゃいます。

そうなると、最初の選考段階で国民投票・・・?

ですが、ネット投票とかになったらそれこそ恣意的な投票も可能になってしまいます。

Youtubeの再生数稼ぎのように。

まぁある程度は民意に沿ったものにはなると思いますが、

大量の組織表で変わってしまうこともあるでしょう。

なので国民投票というのは厳しいでしょうね・・・

 

となるとやはり選考する審査員の采配次第になっちゃうのでしょう。

オリジナルであり、エンブレムにふさわしいものであれば、みんな受け入れると思います。

実際に佐野氏のデザインに対して好意的な意見が最初は有りましたしね。

 

しかし今回のような世界を巻き込むような大きなトピックスとなってしまった以上、

世界的にも、それこそ一般の人からのチェックも厳しいものとなるはず。

その圧力をもってして、国民投票などではなく、審査員がふさわしいものを選んでくれると自分は考えております。

 

ただ、選考過程の情報は全て公開するべきでしょうね。

初期選考のデザインをWeb上ですべて公開

最終選考のデザインに関しては、デザイナー自身のデザインの過程とそのエンブレムの持つ意味を公開し、

そしてデザインを絞る際には絞った理由決めた時には決定した理由も公開するべきだと思います。

 

ここまでしたら、さすがに信頼できるのではないでしょうか?

今回は非公開な部分が多かったのも批判を集める要素だったと思いますし。

 

まとめ

というわけで東京オリンピックの新エンブレムの選考やデザイナーについて書いていきました!

まとめとしては

  • 新エンブレムの選考では、初期の選考基準を緩和し、より多くのデザインから選ぶ。
  • 審査員の変更などは不明・・・まぁ一新してほしいところですね。
  • 新エンブレムの選考は速やかに行うとのこと。

だそうです。

エンブレムが使用できないのは非常に痛い経済損失だとは思いますが、

個人的には、世界的な評判をこれ以上落とさぬよう選考はある程度期間をとって行ったほうがいいと思うんですけどねぇ・・・

選考はどれくらいの期間をとるのか?

そして一体どんなエンブレムとなるのか?

今後の流れもチェックしていきましょう!

 

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)